ホーム企業情報>私たちの歩み

当社は1945年4月に、航空機用セレンおよび、亜酸化銅の半導体整流素子ならびにこれを利用した整流電源装置の製造販売を目的として設立されました。

戦後は家庭電化器具(電気炊飯器、電気ストープ、スチームアイロン、トースター、電気ポット等)を開発、製造販売を行いました。
1959年には各種マイクロモーターの開発、製造販売を開始し、国内外の市場で好評を博しました。

また、1961年には電子写真方式である独自のKIP電子写真方式を発明し、それを利用した大判マイクロ機器等は世界中で好評を博しました。 現在の当社主力製品である電子写真プリンタ、複写機、プロッタ及びスキャナ等の大判デジタル機器は、絶え間ない研究開発による独自の最新技術を利用したもので、 1992年には世界に先駆けてA0判対応の大判デジタル複写機を開発・販売し、数多くの製品を提供し続けております。

現在、当社の大判デジタル機器、複合機等は、国内外に展開する関連会社の販売網を通じて世界各国市場に幅広く販売し、 お客様より高い評価を戴いております。

今後も研究開発型メーカーとしての充実を図り、他に真似のできない独自性の高い高品質の製品をお客様に供給してゆく所存です。

平成25年(2013)・KIP Asia Co.,Ltd.を設立

平成21年(2009)・国内販売強化のため、国内営業本部を新設
・フランス市場販売強化のため E2S を子会社化
・中国市場販売強化のため KIP beijing 設立
平成20年(2008)・大判カラーLEDプリンタKIP Color 80 を発売
・ソフトウエア、カラー市場販売強化のため SCP を子会社化
平成19年(2007)・KIP Business Solution Korea Ltd.を設立
平成17年(2005)・創立60周年
・普及型A0判MFPの発売開始
平成16年(2004)・新社屋移転
平成15年(2003)・ISO9001:2000取得
、ISO14001:1996取得
・KIP(HONG KONG)LTD.を設立
平成14年(2002)、ISO9001:2000取得
・下丸子工場移転

平成10年(1998)・KIP UK Ltd. を設立

平成 9年(1997)・KIP America,Inc. を設立
平成 8年(1996)・KIP Europe S.A.を設立
・中条工場 ISO 9002取得
平成 7年(1995)・創立50周年
・OA 機器用直動式モーターの発売開始
平成 6年(1994)・中条第二工場完成。大判型複写機及び大判型デジタル機器の生産を増強。
・OA機器用ブラシレスモーターの発売開始
・資本金46億5,175万円に増資
平成 5年(1993)・AO判デジタル高速プリンターの発売開始
、国際的品質保証規格ISO9002取得
平成 4年(1992)・大判型複写機の生産拠点として台湾省の株式を取得し子会社とする。
・AO判デジタル複写機の販売開始
平成 3年(1991) ・新潟県胎内市に新工場(中条工場)建設、大判型複写機の生産を開始
・株式を店頭登録。資本金19億円に増加

昭和63年(1988)・自動車電装用モーターの生産 発売開始

昭和62年(1987)・音響用マイクロモーターの生産拠点として、台湾省に設立
昭和61年(1986)・大判複写機およびマイクロ機器の国内販売強化のため、ケイアイピーイメージ インテグレーション株式会社を設立(現 株式会社ケイアイピー)
昭和57年(1982)・大判型PPC複写機の開発に着手
・マイクロプリンター事業大幅伸長
・大判型PPC複写機の生産 発売開始
昭和56年(1981)・高感度 X線電子写真装置発売
昭和54年(1975)・大判型リーダープリンターの開発
・電子ガバナー用モーターの開発
昭和51年(1976)・卓上型PPC複写機の開発
昭和50年(1975)・創立30周年
昭和47年(1972)・マイクロモーターの生産拠点として新潟県村上市に桂新電機(株)を設立
昭和46年(1971)・株式会社ケイアイピーを設立
・マイクロプリンターの開発・生産開始
昭和45年(1970)・資本金2億円に増加
・放射線KIPシステムの開発

昭和43年(1968)・資本金1億2,000万円に増加
・伊勢崎市長沼町字西河原247に伊勢崎工場建設

昭和41年(1966)・資本金3,000万円に増加
昭和37年(1962)・KIP電子写真法の開発
・卓上型湿式自動分離複写機の開発
昭和35年(1960)・卓上型湿式複写機を開発、ニューヨークの事務機ショーに出展
昭和34年(1959)・姉妹会社三桂精機株式会社を設立
・マイクロモーター、サーモスタットの生産開始
・電子写真の研究開発・試作に着手
昭和33年(1958)・東京無線電機(株)を 買収、(株)三桂製作所と商号変更し姉妹会社として発足
昭和32年(1957)・資本金500万円に増加
・電気釜の生産開始
昭和31年(1956)・電気釜、瞬時制動モーターの開発
昭和30年(1955)・各種電気ポット、各種電源電圧調整器(レギュレーター)を開発・生産
昭和29年(1954)・電気ストーブの需要に伴い、多量生産するため東京都大田区に 桂川電機株式会社( 資本金100万円)を設立
昭和26年(1951)・家庭用電気機器の研究開発に着手。
・電気トースター・スチームアイロンの開発・生産・販売
昭和20年(1945)・4月9日大東電波製作所を改組し、東京・丸の内郵船ビル内に大東電波工業株式会社を設立( 当社創立記念日)
昭和19年(1944)・大東電波製作所を創設
・亜酸化銅およびセレンなどの乾式半導体整流素子ならびにそれを応用した整流電源装置の生産開始